鹿+の栄養成分とその特徴について

この商品「鹿+」は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、米国AAFCO(全米飼料検査官協会2016)の定める成犬の栄養基準を全てクリアしていることが証明されており、また、実際にペットへの給与試験でも健康維持が十分に確認されている、まさに愛犬を守るための「総合栄養食」です。

愛犬に必要な栄養素は、私たち人間と同じようにたん白質、脂肪(脂質)、炭水化物(糖質)の三大栄養素とこれにビタミン及びミネラルを加えた五大栄養素と水です。AAFCO(2016)では、たん白質と脂質の最小値はそれぞれ18%、5.5%と定めていますが、炭水化物については特に基準はありません。ちなみに「鹿+」中のたんぱく質含量は30.7%、脂質含量は9.6%でまさに高蛋白質、低脂肪の総合栄養食と言えます。

ワンちゃんの健全な筋肉、皮膚、被毛、臓器、血液、ホルモン、免疫物質等を構成しているのは主にたん白質(約20種類のアミノ酸からなる)ですが、一般にその給源となっているのが食餌中のたん白質です。
「鹿+」中に含まれるたん白質源の主な材料は、ヒューマングレードの質の高い鹿肉や魚肉等であるため、特に、犬の体内で作ることの出来ない必須アミノ酸(10種類)についてもAAFCO(2016)の基準をすべてクリアしており、しかもバランス良く含んでいる極めて良質のたんぱく質と云えます。

脂肪は、食餌中の栄養素の中でグラム当たりの熱量が8.5 Kcalと最も高く、ワンちゃんの体温維持や元気に運動するための活動エネルギー源としてだけでなく、ホルモンや細胞膜等の構成材料になるとともに、毛艶を良くし、皮下脂肪となって寒さから体を守る働きもあります。また、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きもあります。特に、鹿+中の主な原材料である鹿肉や青魚中には被毛の光沢を良くするとともに、フケ症の防止にも効果があると言われているω6系の脂肪酸(リノール酸アラキドン酸)とω3系の脂肪酸(α-リノレン酸やEPA、DHA)が非常にバランス良く(ω6/ω3の比が3.9:1)含まれています。炭水化物(可溶性無窒素物)は、三大栄養素の中で最も速攻性のあるエネルギー源であり、速やかに脳や神経細胞をはじめワンちゃんの活動エネルギーとなるため、たんぱく質の節約のためにも効果のある栄養素です。しかし、不足すると疲れやすくなり、逆にとり過ぎると肥満の原因ともなります。鹿+中の炭水化物(糖質)は44%と全体に控えめです。ビタミンは、愛犬の正常な発育や代謝を調節する作用があり、AAFCO(2016)では11種類のビタミンについて基準を設定していますが、鹿+中のビタミン含有量はそのすべての基準をクリアしています(ビタミンCは犬の体内でグルコースから合成することができ、Kは腸内細菌によって合成されると言われている)。ミネラルは、愛犬の骨や歯の構成成分となるほか、体液バランスの調節や神経伝達、筋収縮などで極めて重要な役割を果たしています。また、微量元素の大部分は酵素の構成成分として働いているほか、鉄は血液中のヘモグロビンや筋肉中のミオグロビンとして、ヨウ素は甲状腺ホルモン、さらに、セレンは体内の活性酸素を消去するグルタチオンペルオキシダーゼの必須成分として、いずれも愛犬の健康維持のために重要な働きをしています。AAFCO(2016)では塩素を含めて12種類のミネラルについて基準を定めており、特にカルシウムとリンの比率を1:1(最大値、2:1)としていますが、鹿+中のミネラル含有量やカルシウムとリンの比率もすべてこれらの基準をクリアしています。

その他、鹿+中の原材料に含まれている有用成分としては、次のようなものがあります。

* 鹿肉(生)中には、牛肉よりも約2倍のアセチルカルニチンが含まれており、体内の脂肪を効率的に燃焼させる働きがあり、肝脂肪蓄積の抑制作用や筋肉疲労の軽減作用等があると言われています(1-11)。

* 鹿肉(生)や青魚中には、良質のたんぱく質のほかω3系のEPAやDHAも多く含まれており、血液をサラサラにして血流を改善するとともに、アレルギー症状の予防にも効果があると言われています(12-14)

* 乳性たん白質には、骨を丈夫にし、免疫機能を高める効果とともに、分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)を多く含んでいるため、筋肉の修復や増強のために効果があると言われています(15)。

* ひまわり油中に含まれるリノール酸やオレイン酸には、高血圧や動脈硬化を予防する働きがあり、また、抗酸化ビタミンともいわれるビタミンEも豊富に含まれているため、活性酸素を抑制し、老化を防ぐ効果もあると言われています(16)。

* 海藻粉末は、北欧や北米などを中心に北大西洋沿岸の自然環境で自生している褐藻類の一種で、アスコフィラム・ノドサムの乾燥粉末です。アスコフィラム・ノドサム中には、アスコフィランをはじめ、アルギン酸フコイダン、マンニット、ラミナリン等の水溶性多糖類のほか、各種のアミノ酸、ビタミン、ミネラルが含まれています。アスコフィランを主成分としたアスコフィラム・ノドサム抽出物には、肺炎球菌による感染の予防効果のあることが報告されています(17-19)。また、アルギン酸にはダイエット効果や腸内環境を整える働きがあると言われています(20)。

* フラクトオリゴ糖は腸内における善玉菌の増殖を促し、環境を整えること(整腸作用)によって便秘を改善し、あわせて糞便の臭いを軽減する効果もあると言われています(21-25)。

* 乳酸菌は、ワンちゃんの腸内環境を整えるためのプロバイオテクスとして加えています。

* 玄米中にはγ-オリザノールが含まれており、肥満や糖尿病を予防する効果があると言われています(26)。

* ごまには、セサミン(ゴマリグナンの一種)が含まれており、強い抗酸化作用により肝機能を高める効果があると言われています(27-30)。

* 大麦中には、水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれており、特に水溶性であるβ-グルカンは、腸内細菌のエサとなって腸内環境を良くし、便秘を改善するとともに、血糖値の上昇を抑制して肥満防止にも効果があると言われています(31-33)。

(2021.2.14)